サーモパイルセンサとは、物体から放射される赤外線を受けると、入射エネルギー量に応じた熱起電力を発生する熱型の赤外線センサです。

そのエネルギーの絶対量(温度)の検出が可能です。焦電型赤外線センサ(パイロ)が焦電効果による温度変化の検出、すなわち微分出力であるのに対し、このサーモパイルセンサは熱起電力効果により、温度の絶対値の検出が可能です。

サーモパイルセンサおよびサーモパイルセンサを利用した測温ユニットの詳細仕様につきましては、お問い合わせ窓口までご連絡ください。

お客様のご用途に最適な製品をご紹介致します。