SDGsは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年に国連のサミットで採択された国際社会共通の目標です。

日本セラミックは、経営理念「真価のある製品を社会に納め人類に貢献する」に基づき、人々に安全・安心・快適な暮らしを提供して参りました。このような暮らしを社会に提供することは、SDGsの基本理念「誰一人取り残さない」世界の実現にも通じており、SDGsは重要な経営課題と捉えています。

当社は、当社事業と関わりの深い「9.産業と技術革新の基盤をつくろう」「11.住み続けられるまちづくりへ」を重点項目とし、持続可能な社会の実現に向けて努めてまいります。

 

技術の向上と環境に配慮した製品づくり

当社のセラミック技術をベースに製品用途の拡大を図ることで、技術革新を目指しています。

 

センサ製品で住み続けられるまちへ

技術の向上が、住み続けられるまちづくりに繋がると考えています。
当社は、省エネ・環境に配慮したセンサ製品で快適環境なまちへ、車両事故防止・防犯などに役立つ製品で安心、安全なまちづくりへ貢献してまいります。

 

センサ製品によるSDGsへの貢献
製品 貢献事例 関連するSDGsのゴール
赤外線センサ

■セキュリティ・・・侵入検知、カメラにより防犯に貢献
■照明、エアコン等の家電製品・・・省エネに貢献
■介護見守りシステム・・・存否、安否確認
■体温計・・・ヘルスケア、発熱者入退出管理に貢献
■エアコン温度検知・・・省エネに貢献

超音波センサ

■障害物検知センサ・・・安全運転サポート車に搭載されることにより、交通事故防止に貢献、高齢者や障がい者にやさしい環境づくりをサポート
■車両盗難防止センサ・・・社会の安全と安心に貢献

電流センサ ■電流センサ・・・環境対応車のバッテリーマネージメントなどに使われ電動化の躍進に貢献
太陽光発電及び風力発電等の再生可能クリーンエネルギーの普及、利用促進に貢献
ガスセンサ

■農業用CO₂濃度管理システム・・・農産物栽培促進
■室内濃度検知・・・人密度の検知、警告

モジュール ■照明、エアコン等の家電製品・・・人感センサを使用することにより必要な時に照明の点灯、効率的な動作制御でエネルギーの使用量削減に貢献
ホール素子 ■GaAsホール素子・・・主に電流センサ等に使用され環境対応躍進に貢献
非接触型タッチパネル用途へのセンサ展開

 

CO₂排出量の削減

 

地球温暖化防止に向けてCO₂排出量の削減に取組んでおります。生産活動においては、工程の改善に取り組みながら省エネルギー活動を推進しています。
また、オフィスでも社員一人ひとりが意識を持ち、リサイクルコピー用紙の活用、電球のLEDへの切り替え、残業時間の削減などにも取り組んでいます。
今後も国内や海外を問わず、当社事業とかかわりの深いSDGsの達成に貢献することで、社会的責任を果たしてまいります。

拠点 2019年(t) 2020年(t)
国内工場・営業所他 3,318 3,433
中国工場 9,999 8,374
フィリピン工場 8,335 5,151
CO₂排出量合計 21,653 16,960

※上記数値は本社(営業所、研究所含む)・中国・フィリピン工場の使用量より各国の係数によって算出したものです。

 

ジェンダー平等に向けた取り組み

 

当社は、女性活躍推進法に基づき「一般事業主行動計画」を策定しています。性別に関わりなく、全ての社員が働きやすい職場作りに取り組んでいます。

一般事業主行動計画

 

とっとりSDGsパートナー

SDGsを鳥取県と共に推進し、SDGsのゴール達成に資することを目的とした「とっとりSDGsパートナー」に認定されています。地域と共に目標達成に取り組んでまいります。