1975年 6月 谷口義晴が日本セラミック㈱を創業(鳥取市安長380番地1、資本金¥5,000,000)、社長就任。超音波センサを開発し、販売開始。
11月 三洋電機㈱と共同開発したテレビ遠隔操作器具の量産開始。
(超音波センサ使用)超音波送受信具の日本特許を取得。
1978年 12月 防犯、警備用超音波センサを開発。アメリカ市場との取引開始。
1979年 12月 焦電型赤外線センサを開発。
1980年 7月 鳥取県鳥取市雲山372番地4に本社工場を移転。
1982年 7月 超音波送受信具の米国特許を取得。
1983年 7月 鳥取県鳥取市南栄町15番地2に本社工場を移転。(登記上本社は鳥取市雲山)
1984年 3月 焦電型赤外線センサの米国特許を取得。
1985年 12月 東京営業所を設置。(東京都江東区)
1986年 9月 中国上海市に上海日セラセンサ有限公司を設立。(当社出資50%)
1988年 7月 ガラス破壊検知センサを開発。
8月 通産省よりオゾンセンサの研究について補助金を受ける。
1989年 1月 高品質ソフトフェライトの量産開始。焦電型赤外線センサの米国特許を取得。
2月 3スペクトルの炎センサを開発。
7月 東南アジアの販売拠点として香港に駐在所を設置。
9月 本社工場を増設。
1990年 11月 大阪証券取引所市場新二部(特別指定銘柄)へ株式を上場。
1991年 5月 大阪営業所を設置。(大阪市都島区)
1992年 4月 東京営業所を移転。(東京都千代田区)
6月 大阪証券取引所市場第二部へ指定替。
11月 北米の販売拠点として米国ニューヨーク州に米国駐在所を設置。
1994年 5月 Chartland Sensor Ltd. (現:Nicera European Works Ltd.)の株式を全株取得。
1995年 5月 米国駐在所を移転。(米国カリフォルニア州)
6月 中国江蘇省昆山市に独資会社昆山日セラ電子器材有限公司を設立。
(当社出資比率100%)
8月 ホール素子の量産開始。
1998年 5月 現地法人日セラ香港有限公司設立。
11月 現地法人日セラアメリカコーポレーション設立。
1999年 11月 広島証券取引所へ上場。
2000年 3月 東京証券取引所市場第二部へ上場。
8月 大阪営業所を移転。(大阪市淀川区)
12月 東京証券取引所及び大阪証券取引所の市場第一部へ指定替。
2001年 1月 現地法人日セラフィリピンインコーポレイテッド設立。
2002年 2月 安長事業所設置。
9月 東京営業所を移転。(東京都中央区)
2004年 6月 上海日セラセンサ有限公司への出資割合を50%から55%へ引上げ、
連結子会社化。
2006年 3月 谷口義晴、代表取締役社長兼会長就任。
2008年 1月 鳥取市広岡176番地17に日セラテクニカルセンタを新設、 併せて本社を移転し、「本社工場」は「南栄工場」に名称を変更。(登記上も本社は鳥取市広岡)
2009年 4月 鳥取市広岡204番地8に日セラ先進技術開発研究所を新設。
5月 鳥取市広岡176番地19に日セラテクニカルセンタ生産棟を増設。
6月 鳥取市北広岡196番地3(先技研と隣接する)に工場、土地を取得。
2014年 2月 谷口真一、社長就任。
7月 東京営業所を移転。(東京都港区)