製品情報

 
 

人間の五感に例えると、「目」の役割をするのが赤外線センサです。
強誘電体が赤外線を受けると、その熱エネルギーを吸収して自発分極に変化を起こし、その変化量に比例して表面に電荷が誘起されます。
この現象を焦電効果といいます。赤外線センサは強誘電体セラミックのこの焦電効果を利用し、人体などから発せられるわずかな赤外線も鋭く検知。
当社の赤外線センサは世界各地で数多く採用されており、安心・快適空間を提供しています。

サーモパイルセンサとは、物体から放射される赤外線を受けると、入射エネルギー量に応じた熱起電力を発生する熱型の赤外線センサです。
そのエネルギーの絶対量(温度)の検出が可能です。焦電型赤外線センサ(パイロ)が焦電効果による温度変化の検出、すなわち微分出力であるのに対し、このサーモパイルセンサは熱起電力効果により、温度の絶対値の検出が可能です。
赤外線検出の目的に応じて、焦電型赤外線センサ(パイロセンサ)とサーモパイルセンサをご選択いただけます。
サーモパイルセンサおよびサーモパイルセンサを利用した測温ユニットの詳細仕様につきましては、お問い合わせ窓口までご連絡ください。 お客様のご用途に最適な製品をご紹介致します。
Copyright (C) 2002- NIPPON CERAMIC CO., LTD. All Rights Reserved.