アクティブ型赤外線センサ(測距センサ)は、赤外線による三角測量の原理を採用しています。検出物体の色や反射率の影響を受けにくく、検出物体の存否を検出し、さらに搭載したマイコンにより信号処理を行うことで、微動する人体と完全に静止した物体との判別も可能にした画期的なセンサです。

デスクに着座する人体と椅子の背もたれ、あるいはトイレに着座する人体と便座蓋などの判別が可能となり、パソコン、デスクライト、トイレ便座のような様々な機器の省エネに貢献する最適なセンサです。

照明用途では、オプションとして明るさセンサを搭載可能です。

カスタム対応も承ります。

用途

  • トイレ、洗面台、ATMコーナー、エレベータ、公共施設等のスポット、小スペースにおける人体検知(自動照明、自動便座・自動洗浄、自動アナウンス等)
  • デスクにおける人体検知(モニターディスプレイ、デスクライト、事務機器等)
  • その他自動ドア、自動販売機、券売機、アミューズメントの人体検知等